2012-02

01 « 1234567891011121314151617181920212223242526272829 » 03

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生バトン vol.1

2012-02-29 (Wed) 00:23[ 編集 ]
こんばんわ!2年ブログ担当の西村です。

ただいま引っ越しでてんやわんやです;;
ほんとに片付かない!誰だあんなに本を買ったのは!!
もっと計画的にものを買えばよかったと後悔しています。(泣)
けれども念願のスライド式本棚が明日届くのでドキドキしてます!!

そんな感じで2年はみんな次のことに向けて頑張っていると思うのですが……
2年間を振り返る卒業生バトンを始めたいと思います!
第一回目は不肖副委員長の私です!
2年間の感想とかを書いていきたいと思います。

ざっくりとした感想としては充実していた、の一言です。
1年の時はそうでもなかったのですが、2年からはブログに挙げたとおり、
色々な活動をさせていただきました。
選書や展示、図書館新聞、読書マラソン、図書館クイズ、研修会、etc...
学校やバイトも含めずっと何かをしていた気がします。
サークルも写真部以外はほとんどサボっていました;;
ほとんどの企画に係ったためにこんなことになったとは思うのですが、後悔はしていません!
スケジュール管理も含めて勉強になりました。

企画の中で一番心に残っているのは図書館クイズです。
自分がやりたいと言い出したのもあって、個人的には結構気合いを入れた企画でした。
子供さんの年齢に合わせた問題作りや、賞品は何にしたらいいかなど、
同じ企画グループの人と話し合いながら探り探りつめていったように思います。
また、年末というのもあって、帰る時期だとか、卒論だとか、
いろいろ迫っていてバタバタしながらの準備になってしまい、
余裕があれば見えていただろうことも、企画始動後に気づいたり、
心残りのある企画になってしまいました。
そんななか、おはなしレストランの司書さんがサポートしてくださり、
本当に感謝しています。
子供の視点というのもなかなかわからないこともあって、
難しい問題になってしまったり、逆に簡単すぎたり、
そういうことをアドバイスしてもらったり、学んだりしました。
良い経験になったと思っています。

長期的なものにしろ、短期的なものにしろ、
とにかく達成感を味わえました。
企画に対する反応も、常には図書館にいられないため、実感するのは難しいのですが、
その中で司書さんや友人などから聞くとうれしかったです。

先日、荷物をまとめていると、1年の委員会の最初のプリントが出てきて、
その時、委員会でやりたいことを話し合ったものをメモしていたのですが、
なんと、ほとんどの項目を達成していました!
その中には挙げられていなかったことまでやったりもしていて、
2年間走り抜けてきたんだなってことを実感しました。
辛いこともあったけれども、それを含めて得難い経験だったように思います。
1年生にもそんな風に頑張ってほしいなあと期待してみたり。

でも楽しかったです!本当にありがとうございました!!


さて、次の担当は癒しの飯塚さん。予定は3月1日です。
また見てやってくださいませ。
スポンサーサイト

おすすめの本!!!^^

2012-02-23 (Thu) 17:03[ 編集 ]


お久しぶりです!!󾭠

ブログ担当者 一年の中村です

やっと私にもおすすめ本を紹介する
コラムがまわってきました(笑)


でも更新おそくなりました󾭛


短大も春休みに入り、
私も寝てばかりの生活を送っているため

更新を忘れていました;;_| ̄|○


さあ!!

さっそく、私のおすすめの本を紹介します!!


とは言っても・・・(^0^;)



ここだけの話・・・( ̄。 ̄;)




日文系なのにあまり本を読まない私←


もちろん読みますよ??(^。^;)


でも珍しいものは紹介できません(笑)


紹介する本をなににするか迷いました(笑)

とりあえず!
好きな本を三冊紹介します!



まずは、


著 :重松 清 『 きみの友だち 』

この本は知っている方も多いかもしれません。

あらすじを紹介するのがたいへんなんですが、
心あたたまるすてきなお話です。
友だちっていいなって思えますよ。

恵美ちゃんという足の不自由な女の子を
主人公に友達について描かれた作品です。

小学校~高校までが舞台で
いじめ、友達に依存しすぎる子、
などさまざまな悩みをかかえた子が
でてきます。


本の中で主人公が

「一生忘れない友だちが一人いればいい」

というせりふがあります。

私はこのせりふがたまらなくすきです


二つ目は、

東野圭吾さんの 

『 手紙 』

です。



殺人犯の兄をもつ弟の物語です、一言でいうと。

兄は毎日弟の学費をかせぐために、
弟のために一生懸命働いてました。
しかし、ある日、
たまたまみかけた家に強盗に入り
家にいたおばあさんにみつかり、
そのおばあさんを殺してしまいます。

普通の男の子が、

いきなり、殺人犯の弟になるのです。

兄は刑務所に入りながらも毎月のように
弟に手紙を書きます。


その弟の人生を描いたお話です。



今までは
被害者か、被害者の家族の物語はよく
見てきました。

でも、加害者の家族の物語は
この作品が初めてでした。

この本を読むといろんなことを考えました。
深いことも難しいこともたくさん。

そんなこと私が考えてもしょうがないんじゃないか、

とも思いました、はい。

でもこの本を読んだことで、
私自身いろんなことを深く考えるようになりました。

難しいこと、といえば難しいテーマというか
題材だと思います。

でも感動するし感じとることも
たくさんあります。

私はこの本が大好きです󾌾󾭠


最後は、


私の大好きランキングNo.1󾭠󾭠


ハリーポッターシリーズです!



いやー…大好きです!


ダントツです( ´艸`)(笑)


作者はご存知 j.k.ローリングさん!


ストーリーは
主人公のハリーポッターが…ってみなさん
多分ご存知ですよねo(^-^)o


ファンタジー大好きな人間にとっては
たまらない一冊です(*・ω・)ノ




以上、おすすめの一冊でした!

ラスト展示!

2012-02-19 (Sun) 21:15[ 編集 ]
こんばんは!
2年の内田です◎

藤田も書いていますが…
この前委員会2年でお別れ会をしました
普段はグループも全員違うし、系も違うし、キャラもかぶってない、
意外とバラバラな2年7人ですが、
本当に仲がよくて、素敵なメンバーです
委員会のメンバーがこの7人で本当によかったなあ、としみじみ思いました。

さて、個人的にドタバタしていて、更新が遅くなってしまいました

先週の月曜日に、2年にとってはラストの
1年生にとっても今年度最後の展示を行いました

テーマはこちら!
IMG_0322.jpg

テスト期間でしたが、割とみんな参加してくれました!

IMG_0317.jpg
IMG_0318.jpg
こちらは1年生の水川さんと安達さん。
来年度は水川さんが委員長、安達さんが副委員長ということで!
彼女たちが来年の委員会を担ってくれることになりました

水川さんは風邪でしんどそうだったのにも関わらず、
展示に参加してくれました*
ありがとう!風邪にはお大事に◎

こちらは2年です~
IMG_0309.jpg
ちなみにこのテーマだと知って
写真大好き西村のテンションは急上昇(笑)
嬉々として展示を行っていました

IMG_0315.jpg
そして飾り付けをして…

完成
IMG_0328.jpg

ちょっとアップしてみると…
IMG_0325.jpg
こんな感じです◎

写真の撮り方の本はもちろん、コラージュや写真集なんかも展示してあります
写真の撮り方についての本も、風景だったり花だったり…
中にはキレイな自撮りの方法がのっている本なんかもあってびっくりしました!

春休み期間ですが…
ぜひぜひ図書館にお越しください



この展示作業報告で2年の活動報告はおしまいです
すごくさみしいですが…2年にはまだ
卒業式までに1人ずつ感想なんかを更新してもらうつもりでいますので!
お楽しみに\(^o^)/

DVDフリーペーパーできました!

2012-02-19 (Sun) 16:07[ 編集 ]
こんにちは!
先日行った図書委員2年お疲れ会が楽しすぎて、
みんなと別れたくないと改めて思った藤田です★

さて、最後の大仕事・「おすすめDVDフリーペーパー」が完成しました!
せっかく図書館にはAV機器やDVDが揃っているというのに、
利用者は微々たるものでした(TOT)

そこで、もっと活用してもらおうと呼びかける
フリーペーパーを作成しました♪
完成したのがこちら!

またまた堀江に表紙をお願いして、
可愛い広報誌になりました(*^ω^*)

図書館には委員おすすめDVDの展示コーナーも作っていただいたので、
足を運んでみてくださいね◎
長い春休み、映画を観る絶好のチャンス!
ぜひ図書館にきてくださいね。

ある時は映画部部長・藤田がお送りしました!

「1年間お疲れ様でした」の会

2012-02-11 (Sat) 13:16[ 編集 ]
こんにちは 飯塚です。
今日は9日の打ち上げの様子をお伝えします。
内田さん、西村さん更新の予告ありがとうございます!
冬眠中だったのかなと思っていただければ・・・ごめんなさい。。

さて、打ち上げ打ち上げと盛り上がっていましたが
司書さんに聞かれました「今日って何の打ち上げ?」

えーっと…一瞬考えてしまいましたが

1年間の活動に対しての打ち上げ お疲れさまでしたの会です★

それはそれは!
どうりで楽しみで仕方ないわけですね。
見てください 黒板にぎやか!新キャラクター「らぶちゃん」もいますよ
IMG_0275_20120212153239.jpg
あみだくじで席順を決めました
IMG_0276_20120212152719.jpg
いただきまーす!
IMG_0285.jpg
司書さんも参加してくださいました!わいわい

IMG_0289.jpg
午後の紅茶ミルクティー、図書委員の間で不動の人気です。
不動といえば、糸川さんのトーク!
そのトークの安定感ゆえに我々は「安定の糸ちゃん」と呼んでいます。
糸ちゃんのトークは周りの人への愛があるところがいいのです*
・・・糸ちゃんの魅力を語るうちに終わってしまいそうなのでこれくらいに。。


さぁ、会も終盤へ近づき
司書さん方に2年生から寄せ書きを渡しました
いつもお世話になっていて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
IMG_0297.jpgこの日も買出しのためスーパーまで送り迎えしてもらいました助かりました ありがとうございます。IMG_0296.jpg北井さんの写真がなくて残念です

なんだか、そわそわしだす1年生。なになに?
なんと2年生に寄せ書きとお菓子と手作りのしおりをくれました
IMG_0301.jpg
この笑顔、最高です ベストショットです 大好きです***
1年生いわく、図書館にはいつも2年生の誰かがいるから隠すの大変だったそう。
寄せ書き とても嬉しかったです。
打ち上げに参加できなかった人にもお礼言いたいです。
本当にありがとうございます。

前へ!前へ!と進んできたこの1年。
図書委員の活動ができて本当によかったなぁ。
楽しかったなぁ。
今、最後の図書新聞を読みながらしみじみしています。
卒業までもう少しあるので1年生や司書さんと話したり
そういう時間を大切にしたいです。
月曜には最後の「今月の展示」もありますので
次回の更新をお楽しみに~

おすすめ本コラム

2012-02-10 (Fri) 23:16[ 編集 ]
こんばんわ!2年ブログ担当の西村です。
度々コラムの予定日を過ぎてしまって申し訳ない限りです;;

実は、一番最初のコラムを担当したのは私だったのですが、
2年生が1年生よりも少ないため、1周まわって2年最後のコラムは私が受け持つことになりました!
最初は1冊くらいのつもりだったのですが、気づいたら複数冊の紹介に…。
その方がその人のカラーが出て面白いなーと思ったり。

というわけで私も複数冊紹介しなきゃかなーと思いましたが、
ここはあえて1冊で行ってみたいと思います!(手抜きとかじゃないですよ!)

今回紹介する本はこちら!

おすすめコラム「かなりあ」

穂高明さん作、2008年にポプラ社から刊行された連作短編集です。
自分を肯定できずに、迷った人たちがまた立ち上がるお話が詰まっています。

世界観は現代仏教ファンタジー?といえばいいのでしょうか。
この本を初めて読んだのは確か高校生の時なのですが、いまだにどう表現すればいいのか迷います。
自分のことを嫌いになったり、閉所恐怖症がひどくなったり、色々なことが重なって、
自殺してしまいそうになったときに、意識を失って気づいたら三途の川のような場所に来ているんです。
そんなときに、お坊さんの孫が小舟に乗せて、現世まで連れて帰ってくれます。
そして、まわりが見えなくなっていたことに気づいたり、心の問題にけりをつけられたりします。

心が癒される、という点に加えてこの作品ならではだなーと思うところが1つ。
短編1つ1つの題が化学やら物理やらの言葉がモチーフになっているところです。
たとえば、アポトーシスやインピーダンス。
後者は音楽関連でも割と聞いたことがあるかもしれませんね。
気になる人は調べてみてください。もしくは読んでみて!
作中でもその言葉について解説されていたりするのですが、
理系に関して数学以外は苦手な私にもわかりやすかったです。文系の人とかに勧めてみたいですね。
そしてその話の結論がその言葉でまとまってたりします。
話の持って行き方はすごいなーと思いました。

また、みんな自殺しそうになるので、自殺に関することも割と書かれていたりします。
例えば、人が自殺しそうなときは顔に表情がないとか、
決して勢いではなく、ストレスの積み重ねで思わずやってしまうのだとか。
でも、決して重くは書かれていません。それとなく伝わってきたりします。

私はいつもこの本を心が疲れたり、落ち込んだり、やるせないことがあったりした時によく読みます。
自分がふさぎ込んでただけで、もっと別の見方もあるんじゃないかなーと感じたり、
主人公達に感情移入して一緒に心が軽くなったりするんです。
自分の中では、今のところ1番大事な本かもしれませんね。

今の時期ってもう卒業間近だったり、新しい道に進んでいく人がたくさんいると思いますが、
壁にぶち当たった時はこういう本を読んだり、思い返してみたらどうかなーと思って書きました。

と、きれいに締めてみましたが、実はずっとおすすめしたかっただけだったり。(笑)
でもとてもいい本なのでぜひ読んでみてくださいな。
久々の長文紹介だったと思いますが、たまにはこういうのもいいんじゃないでしょうか。
最後に図書館に置いてないもの紹介してしまって申し訳ないです;;
市立図書館にあったと思うので!お許しくださいませorz

それでは。次の更新は2年の癒し飯塚さんか委員長さんになるかも?

使いやすい図書館に!

2012-02-10 (Fri) 22:43[ 編集 ]
こんばんは!とてもつもなくご無沙汰しておりました
2年の内田です

最近ブログの更新がめっきり減ってしまい、
「なんだよ、活動してないのかよ~」
なんて思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなことはありません!

水面下でゴソゴソといろんな活動をしていまして、
とくに2年はあと1週間したら学校が終わってしまうので
ラストスパートをかけていたんです

なので、今日から割と怒涛の更新となると思われます!

さて、まず今日の更新は新しく完成した
利用案内検索方法のリーフレットを紹介します。

図書館のことって、
分かっているようで意外と分からないこと多いですよね
わたしも人一倍図書館にいるはずなんですが、たまに
あれ、これどうするんだっけ?
なんて悩んでしまうことがあります(笑)

そんなとき、利用案内や検索方法のリーフレットがあれば、
もっともっと使いやすい図書館になるんじゃないの?
ということで、今回作成に至りました

リーフレットの方は委員内でも知識の差が大きく、
司書のMさんに全員一度、講習会を行っていただきました。
ありがとうございます
委員のなかには司書科目をとっていない子もいてそういう子の意見はとても重宝しました!

今回は誰にでも分かりやすいよう『初級編』を作っていますので、
もしかしたら、来年度はワンランク上のリーフレットが完成する…かもしれません。

それは来年のお楽しみです♪

利用案内の方は、すでにあったものをつくり変えています。
前の利用案内からすこし時間がたっていて、内容が変わっていること
大きなサイズだったので手に取りにくいのでは?
ということから、新しいものを作成しました

ところどころにほりコレもちりばめられています。

利用案内の方は来年度、
新1年生・新2年生に配布される予定ですので楽しみにしていてください◎
またパソコンからも見ることができます

利用案内はコチラ

検索方法のリーフレットはコチラ

からごらんください★



2年の委員会活動は本当にあと残りわずか。
やれることは少ししかありませんが、最後まで全力投球で頑張りますので
見守っていただけると幸いです

さて次回は飯塚さんが先日あった委員会打ち上げについて書いてくれるかな~と思います。

そして明日は、
卒業研究発表会だったりします ((((;゜Д゜)))
もうすでに緊張でいっぱいいっぱいだったりしますが、
とりあえずわたしは噛まないことを目標に頑張ります←

2年生のみなさん、明日は頑張りましょう

文字ばっかりでごめんなさい、では!



おすすめ本

2012-02-02 (Thu) 00:00[ 編集 ]
こんにちは、学生図書委員一年の田辺です。
番長って言わないとわからないひとの方が多い気がしますが不本意です^O^
今回初めてブログを更新するので、
お前何言ってんだバーロー!とか思っても気にせず温かい目でスルーしてやってください。☆
今回更新遅れてすみません!

おすすめ本紹介、ということで自分の家の本棚を見てみたらほとんど同じ作家さんの本だったので、
わたしはおすすめの作家さんを紹介しようと思います!
(あと残りは全部漫g)


私のおすすめ作家さんは三浦しをんさんです。

まずは一番大好きな作品から
41G2ETZGKCL.jpg
「月魚」という本です。角川文庫から出ています

舞台は古書業界です。ドツボです
初めて読んだ三浦しをんさんの本なので思い入れが深すぎて何をいえばいいかわからないのですが、
とにかく作品全体にすごく綺麗でみずみずしい雰囲気が漂ってます…!きよらか!

老舗古書店の店主である真志喜と、
「せどり屋」と呼ばれる古書業界の嫌われ者、瀬名垣のふたりが共有する罪の意識。
ある夏の午後に起きた事件により、二人の関係が変わってしまってからのお話です。
真志喜が普段は着流し姿であるとか、書店であるとか、瀬名垣が通い妻みたいだとか
設定がいろいろ私のツボを抑えすぎてて痛いくらいです!!!個人的です


三浦しをんさんの書く作品の特徴として、登場人物がほぼ男っていうのがあると思います
が、次に紹介する作品の舞台は女子高です。
41DQBtLEn9L.jpg
「秘密の花園」新潮文庫から出ています。

さまざまな激情を秘めた三人の女の子のお話です。
恋にぶつかっていくお話もあるのに、甘い描写はありません。あれー
「秘密の花園」というタイトルから、よくある女子高青春ものだと思っていたのですが
全然ちがってすごく深くて、どこか暗くて、緊張感の漂う作品でした。
おんなのこはいろいろかんがえてるんですよ。ね。


三浦しをんさんの書く文章には透明感と、最後まで一気に読ませる不思議な魅力があると思います。
今日は二冊紹介しましたが、最近有名なものだと
51CAXQ4LfPL.jpg

「風が強く吹いている」や
41U4brjaDPL.jpg

「まほろ駅前多田便利軒」など、
爽快で勢いのある作品があります。めちゃくちゃおもしろいです。この二冊は漫画化、映画化もされています。
よかったら一度、興味がわいたものを手にとって、三浦しをん作品に触れてみてください!

ではここらで、残ってる課題を片付けるために失礼します三┏( ^o^)┛

画像はAmazonさんからお借りしました

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。