2012-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回読書会開催

2012-06-27 (Wed) 18:19[ 編集 ]
初めましてこんにちは!学生図書委員2年の小田です。
読書会を担当しています。今日は今年度初の読書会を開きました。
IMG_0613.jpg
IMG_0616_20120627180846.jpg

まずは2年生。熱く語っています皆いい笑顔してます。
お次は1年生+2年生。真剣な表情です。書記を務めてくれた田邊さん、お疲れさまでした!
次回は一般の方々と一緒にやろうと思っています。人数も増えてパワーアップした我らが図書委員をこれからもよろしくお願いします(^-^)
スポンサーサイト

おすすめ本

2012-06-27 (Wed) 13:08[ 編集 ]
こんにちは^^ 1年の笠江です。


おすすめ本の紹介ということですが、実はあまり本を読まないんですよね←
本を読むことは好きですけど… どちらかというと本に囲まれた空間が好きです(`・ω・´)


ということで、とりあえず1冊紹介します。

216116-1[1]



阿部和重さんの『ピストルズ』です。


田舎町に暮らす書店主・石川はあることをきっかけにして、街のはずれに住み“魔術師一家”と噂される菖蒲家(あやめけ)と接触します。
その一家に興味を持った石川は菖蒲家の長女・あおばにインタビューをしていくのですが、そこでは千年以上も受け継がれた秘技・アヤメメソッドの正体、そして一族の宿命が語られていきます。


私はこの本をある雑誌に載っていたのを見て、表紙・書評に惹かれて読んだのですが、なんとこの本、約670ページあります…笑

分厚いです。だからあらすじもまとまらない←



しかし、ページ数なんて気にならないほどすらすらと読めます。
もちろん時間はかかりますが笑

魔術師、というイメージからどんなファンタジーな話なんだろう、と思って読み進めるとアヤメメソッドについて語られると衝撃を受けます。
秘技の継承者である四女・みずきの修行とかすさまじいです。




なんか本の良さが伝えられてない気がしますが…( ̄~ ̄;)
読んでみないとなかなか理解しづらい作品でもあるので、ぜひ機会があれば読んでみてください☆


私はこの本で初めて阿部和重さんの作品を読んだのですが、これ以前の著書「シンセミア」「グランドフィナーレ」「ニッポニア・ニッポン」と深い関係があるみたいなので、興味がある方はそちらを先に読んだほうがいいかな?と思います。



以上、まとまりませんでしたがおすすめ本の紹介でした。
人生初のブログ更新・おすすめ本紹介ということで許してください←

では、笠江でした(。・ω・。)ノ

読書マラソン開始!!

2012-06-18 (Mon) 12:41[ 編集 ]
こんにちは!2年の安達です。
どうやら2連続の更新みたいです


さて、今回は読書マラソンの開始についてお知らせします


期間は6月18日から11月30日まで、

参加者の方には、去年と同様に、本を読んでポップを書いてもらって、ポップの数とポップの出来を競ってもらいます

上位の方には豪華な賞品も用意していますよ!

詳しい内容については、図書館、おはなしレストランで聞けるので、この機会にぜひ足を運んでみてください


そして、今年はポップの数を確認するためのスタンプカードのデザインを一新しました!!

kado
こんな感じです
図書館キャラクター、らぶちゃんのイラストが描かれています。



今年はやや遅めの開催になりましたが、出来るだけ多くの人に参加してもらえたらいいと思います
またブログでも結果などを報告するので、お楽しみに!!

それでは、たくさんの参加をお待ちしています

おすすめの本

2012-06-14 (Thu) 01:21[ 編集 ]
こんにちは!2年の安達です。

この辺も梅雨入りしましたね
その割には意外と雨が降らないような・・・?
でも、山陰は天気が変わりやすいので住んでる人、油断は禁物ですよ><


さて、今回の更新はおすすめ本の展示です!
今年1回目の担当ということでちょっとドキドキします(笑)

どんな本紹介しようかなー、といろいろ考えてたんですけど、ここは単純に自分が好きな本を2冊ほど紹介します!!

と、いうわけで1冊目はこちら!

竜宮ホテル 迷い猫 (f-Clan文庫)竜宮ホテル 迷い猫 (f-Clan文庫)
(2011/10/17)
村山 早紀

商品詳細を見る

村山早紀さんの『竜宮ホテル 迷い猫』です。
左目に異界の住民が見える作家・水守響呼さんはあることがきっかけで、猫の耳としっぽが生えた女の子と一緒に少し不思議な元ホテル、今はアパートになっている「竜宮ホテル」で暮らすことになります。

綺麗なホテルの描写、個性的でちょっと不思議なホテルの人々がとても素敵で、自分もこんなとこ行ってみたいなあと思います
そして、いろいろな人と出会いを通して大切なことに気づいていく響呼さんの様子が良かったです。
辛かったり、苦しいときもあるけれど、それでも「きっと大丈夫」だと響呼さんやホテルの人達、そして、読んでいる私もそう思えました 

村山早紀さんの本はどれも読み終わったあとちょっと切ないけど、元気になったり、自分も頑張ろうと思わせてくれるので、なんとなく元気が無いなーというときには特におすすめです(読みやすいですし)

なにより、自分のこと、そして自分の周りの人やものが前よりも少し素敵に見えて、もっと好きになれるような気になります。


続いて2冊目!!

レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る

有川浩さんの『レインツリーの国』です。
こちらは知ってる人も多いと思うし、私も散々周りの人に好きだ好きだと言っているんですが(笑)やっぱり大好きな本なので  

主人公の向坂伸行は自分が昔読んだ忘れられない本の感想を探す中、「レインツリーの国」というサイトを見つけます。
そのサイトの管理人・ひとみとメールの交換を通じて仲良くなり、実際に会うことに。
しかし、ひとみは聴覚障害を持っていて・・・というお話です。

聴覚障害がどういうものかとかその苦労とかもしっかり書いてあるんですが、やっぱりこれは恋愛小説です。
2人の擦れ違いや苛立ちはすごく痛いなあとも思うけど、それでも一度繋がったものが切れること無く、少しずつ近づいていく様子は読んでて良かったです

それから、やはり本好きの性でしょうか、自分の「忘れられない本」から始まる恋というのが、すごく、素敵だなあと
どんな関係でも自分の大切な本の思い出を共有できるっていうのはすごく楽しいし、嬉しいことだと思います。
こんな繋がりをこれからいろいろ作っていきたいなあ・・・なんて言っちゃうとなんか恥ずかしいやつみたいですけど(笑)、やっぱり憧れます

有川浩さんの本もいろいろあるんですが、登場人物の掛け合いに笑ったり、真剣な場面で緊張したり、泣いたり、(ベタ甘)恋愛にときめいたり、読んでいていろんな気分になれて楽しいです


以上、おすすめ本の紹介でした!
なんかすごい語ってしまって失礼しました

これからも委員会メンバーがいろいろな本を紹介してくれると思うので、楽しみにしておいてください!!

それでは

企画リーダー決め

2012-06-10 (Sun) 23:15[ 編集 ]
こんばんは、ブログ担当岩佐です!本当は水曜日にはアップする予定でしたが、遅くなってしまいました…。すいません(>_<)

先日、1年生の副委員長と、各企画のリーダー、副リーダー決めをしました。
では早速各企画リーダーの発表と行きます!名前の記載は、リーダー、副リーダーの順番になってます。

読書マラソン:安達さん、笠江さん
おはなしマラソン:景山さん
ビブリオバトル:周藤さん、岩佐
図書館新聞:水川さん、槇原さん
ブログ担当:中村さん、塩金さん
交流会:安達さん、水川さん
読書会:小田さん、塩金さん

に決定しました!

図書館大会の方は、詳細が不明ということもあり、保留に。

1年生の副委員長は、山中さんに決定しました!
6.04委員会1

1年生のやることも大分固まりました(^O^)
これからこのメンバーで頑張っていきます!

今年も企画で活気が出るといいなと願いつつ、精一杯やっていきます!

後は今回の委員会風景の写真をアップして終わりたいと思います^^

6.04委員会2

6.04委員会3

6.04委員会4


以上、岩佐でした。次回の更新をお楽しみに!(´∀`)ノ

続きを読む »

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。