2014-09

08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生協働シンポジウムに参加して

2014-09-15 (Mon) 20:46[ 編集 ]

続きを読む »

スポンサーサイト

シンポジウム感想

2014-09-15 (Mon) 13:11[ 編集 ]
こんにちは、学生図書委員の日浦です。
遅くなってしまいましたが、8月21日~22日に山口大学で行われた「第4回大学図書館学生協働交流シンポジウム」に参加した感想を書きたいと思います。

学生協働というものが何なのかよく分からないまま参加したので、1日目の基礎講演やポスターセッションでは、学生協働とは何であるかを知れて、各校の特色のある学生協働を直接説明してもらえたりと、とても勉強になりました。

2日目のワールドカフェでは、どちらかと言えば聞き役に回ることが多かったように感じました。自分の思ったことは言うようにしていましたが、もう少し積極的に発言できればよかったと思いました。
普段接することのない他校の皆さんの意見が聞けて、とてもよかったです。

今回シンポジウムに参加して、普段は触れることのない物事について考えたりと、とてもいい経験になりました。
遠方への移動など、大変なこともありましたが、参加してよかったと思います。

2014-09-12 (Fri) 00:44[ 編集 ]
 図書委員会一年の梶原です。8月20日から21日にかけて山口大学で行われた第4回大学図書館学生協働交流シンポジウムについて、参加した感想を述べたいと思います。第4回のシンポジウムのテーマは「ゼロから考える学生協働」でした。シンポジウムの初日はポスターセッションを行い、それぞれの大学での日ごろの活動について報告しました。ポスターの発表についてはその場で質問が出来るので気になることを気兼ねなく聞ける雰囲気がとても良かったです。
 今回のシンポジウムで一番印象に残っていることは、二日目のワールドカフェです。「学生協働は利用者の役に立っているか」というテーマを、グループに分かれていろいろな大学の学生協働の方や図書館の職員の方の意見を聞くことが出来ました。私の意見や質問に対して真剣に答えてくださる姿勢から、私の図書委員に対するモチベーションも上がりました。貴重な意見を聞くことが出来たシンポジウムは非常にためになりました。今後の図書委員会の活動に活かしていきたいです。
 

シンポジウム感想

2014-09-07 (Sun) 16:07[ 編集 ]
こんにちは、学生図書委員1年の倉上です。
遅くなってしまいましたが、8月21~22日に山口大学で実施された学生協働シンポジウムに参加した感想を書きたいと思います。

今回シンポジウムの担当になりましたが、準備はほとんど全部2年生の先輩方がして下さいました。
シンポジウムで行われるポスターセッションに加わることになりましたが、どんな様子か想像がつかず当日が少し不安な面もありました。

1日目に行われたポスターセッションは緊張して練習した通りにはいきませんでしたが、なんとかやり遂げることができました。
また、会場で配布資料やらぶちゃんグッズが人気でどんどんもらわれていったのが特に印象に残りました!
大学によって図書館の方針や学生がどれだけ運営に携わるかなどが違って、すごく面白かったです。
他大学の学生との交流も、自分なりに積極的に声をかけることができたと思います。

2日目のワールドカフェは想像していたよりも発言しやすい雰囲気でしたが、慣れるまであまり話すことができませんでした。なので、次はもっと自分から意見を言えるようにしたいと思います。
また、普段考えたこともないテーマについて考えたり他大学の学生や教職員の方々の意見が聞けたのが良かったです。

山口まで行くのは初めてのことで移動など大変なこともありましたが、貴重な体験ができました。
来年は先輩方のように1年生をサポートして、仕事を引き継いでいかないといけないので、しっかりと今から仕事を覚えたいと思います。
至らないところがあり先輩方や先生方に大変ご迷惑をおかけしましたが、今回シンポジウムに参加することができて本当によかったです。ありがとうございました!

2014-09-03 (Wed) 16:59[ 編集 ]
学生図書委員2年の三島です。
遅くなりましたが8月21日、22日に開催された「大学図書館学生協働交流シンポジウム」へ参加してきました!
シンポジウム
今年は山口大学での開催で、
ヤマミィ
山口大学のマスコットキャラクター「ヤマミィ」がお出迎えをしてくれました。
売店ではヤマミィのオリジナルグッズも多数ありました(^^)

島根県立大学短期大学部松江キャンパスのポスターセッション用のポスターはこんな感じでして、
IMG_0109縮小
らぶちゃんのオリジナルグッズも配布させていただきました。

今回は「学生協働」について話し合ったのですが、奥が深く、たくさんの大学の学生、職員の方とお話することができました。私ももっと学生としての大学図書館のあり方について考えていきたいと考えました。

2014-09-01 (Mon) 16:38[ 編集 ]
こんにちは。
図書委員2年の小林です。
遅くなってしまいましたが、今日は山口大学で行われた学生協働シンポジウムの感想を書きます。

「ゼロから考える学生協働」というテーマで行われた今回のシンポジウムでしたが、学生協働って何?と思っている人は多いと思います。私も正直よく理解していませんでした。
まず、基調講演から始まりキャリアから学生協働について考え、2日目のワールドカフェで「学生協働は利用者の役に立っているのか」について話し合いました。学生協働についてこの2日間で自分なりに理解し納得できたと思います。
ポスターセッションでは様々な大学の取り組みが紹介されていて特に学習支援でレポートの書き方を教えているところがあり、羨ましかったです。
山口大学の図書館を見学したときは、広さと設備にびっくりしました。自習できるスペースには周りの目が気にならないようにするための仕切りが設置されていたり、グループで使える部屋の数も多く贅沢な図書館だなと思いながら見学していました。
学生協働シンポジウムは、ほかの大学の取り組み、施設など普段なら知ることのできないことを知る機会なので参加してよかったです。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。