2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H28年度3キャンパス学生図書委員会交流会をおこないました

2016-07-09 (Sat) 12:14[ 編集 ]

こんにちは、学生図書委員の渡邉です。
7月2日に本校で、浜田・出雲・松江の3キャンパスで学生図書委員会交流会をおこないました。
まずはみんなでお昼を食べ、そのあと読書会、松江市立中央図書館の移動図書館を見学するという流れです。
私は初めての参加だったので、とても緊張しましたが、浜田キャンパスの方も出雲キャンパスの方も明るく話しかけてくださり、思っていたより楽しかったです。お昼を食べながらお互いの学校のことを話していると、新鮮な驚きがたくさんありました。委員会のことはもちろん、普段の学生生活のお話も聞くことができて、有意義な時間であったと思います。

今回の読書会は、サン=テグジュペリ原作 『星の王子さま』 内藤濯訳 (岩波書店、1993年)を題材にして行いました。
星の王子さま


「どの場面が好きか、なぜ好きなのか」という話題から始まり、そこからその場面で何が言われているのか考察したり、身近な話題に広がったり、3キャンパスの学生だけでなく職員の方々も、自由に意見を出し合いました。私は聞くことしかできませんでしたが、みなさんのお話に共感し、また違った解釈に(なるほど!)と新鮮な発見もあり、作品を読むことの楽しさを実感しました。また参加するときには、少しでも発言できたらなぁと思います。

IMG_1148.jpg

IMG_1149.jpg


松江市立中央図書館さんの移動図書館の見学は、松江キャンパスの図書委員と出雲キャンパスの方々でさせていただきました。
市立中央図書館に勤務していらっしゃる司書の方が、移動図書館の仕組みなどを教えてくださいました。
IMG_1155.jpg

移動図書館を利用される方には、小さいお子さん連れのお母さんが多いため、絵本や児童書、生活に関する図書を重点的に置いているそうです。利用者さんからリクエストがあった図書を置いたり、予約も受け付けておられます。写真では見えないのですが、書架の前には司書さんのおすすめ図書の紹介ポップが貼ってあり、本を選ぶときのワクワク感が湧いてきます。車で遠くに移動するので、何か所かまわると一日の業務が終わってしまうのだそうです。車中には給水ボトルの大きいものが置いてあり、暑いなかで大変な業務だと感じました。図書館から住んでいる場所が遠くても、本を借りて情報を得ることができるのは、本当にありがたいなあと思います。利用者さんに合わせた配架や、新しい図書と出会えるような企画をされている司書さんは、すごいなと思いました。貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

最後に、出雲キャンパスの方々と本校の「おはなしレストランライブラリー」を見学させていただきました。私はあまり入ったことがなく、休日に開館されていることも初めて知りました。見学時も何組かのお子さんと親御さんが楽しそうに絵本を選んだり、読んだりしておられました。土曜日などお仕事がお休みで、気兼ねなくお子さんと過ごせる場所としての図書館は、私にもとても居心地よく感じました。私もまた入ってみようと思います。
今回の交流会で学んだことを、これからに活かしていけたらと思います。

浜田キャンパス、出雲キャンパスのみなさん、移動図書館の司書の皆様、おはなしレストランライブラリーの司書の皆様、ありがとうございました。


スポンサーサイト

 コメント 

 コメントの投稿 

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 

http://dropkatharsis.blog82.fc2.com/tb.php/281-91b51548

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。